脳トレ ときどき 日常

頭の体操で脳の活性化を促します。たまに日常で感じたことも書きます。

【脳トレ】漢字穴埋め 429問目

 

真ん中に入る漢字はなんでしょう?

 

【脳トレ】漢字穴埋めで頭の体操

 

真ん中に漢字を1つ入れて、二字熟語を4つ作りましょう。

 

果たして、正解は、、、!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【脳トレ】漢字穴埋めで頭の体操

 

小包こづつみ:小さな包み。

内包ないほう:内部にもっていること。

包帯ほうたい:傷口などを保護するために巻く、ガーゼや晒木綿さらしもめんなどの細長い布。若い頃は意味もなく巻いたりもする。

包丁ほうちょう:料理をするための刃物。なお、刃の長さが6cmを超える刃物を正当な理由なく携帯することは、銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)の抵触する為、屋外での持ち運びの際は必ずケースなどにしまうようにしましょう。

 

☆次の問題はこちら☆

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今は明日になればもう今じゃない

今は明日になればもう今じゃない

 

今は忙しいから、これはまだ後でもいいだろう。

仕事をしていると、どうしても時間に追われ、物事に優先順位を付けなければなりません。

 

こんばんは。

 

これは先。

これは後。

これはほっといてもいい。

これはすぐにやらないとダメ。

 

身体はひとつしかなく、頭もひとつしかない。

いくつもの事を同時並行して進められれば、物事はもっとスピーディに進むのかもしれませんが、なかなかそういう風には出来ないものです。

どうしたって、ひとつずつ確実にこなしていく方が、最終的には一番早い。

そういう経験は誰にでもあることでしょう。

 

では、仕事は優先順位をつけるとして、プライベートは?

会社員の場合、仕事はなんとでもなります。

仕事をしているのは個人であっても、会社対会社の付き合い。

忙しくておろそかになってしまった得意先も、場合によっては担当替えなどでフォローも可能です。

しかし、プライベートはそうはいかない。

自分の変わりはいない。

忙しくて疎遠になった友達は、放っておくとそのまま関係が消えてしまうかもしれません。

忙しくて会うことが出来なくなってしまった恋人とはお互いの気持ちも離れて行ってしまうかもしれません。

 

忙しさに甘えてないか?

 

仕事は仕事、プライベートはプライベート。

本当なら、そうやってかっちり分けられれば一番良いのでしょうが、そんなことが出来ている人を僕は知りません。

仕事とプライベートをなんとか折り合いをつけてやっていく。

時間は作らないとどんどんなくなっていく。

仕事に邁進して、結果を残せば、更なる結果を求められ、更に忙しくなるかもしれません。

 

何のために仕事をしているのか。

 

自分の為、家族の為、子どもの為、社会の為、仕事の為。

 

理由は人それぞれ色々あるでしょう。

しかし、今もし何のために仕事をしているのか分からなくなってしまっているのなら、一度勇気を出して、自分を見つめ直すために休暇を取ることも必要かと思います。

 

そんなこと言ったって、休めない。

 

そうかもしれません。

でも、実はそう思っているのは自分だけかもしれません。

自分はいい様に使われているだけかもしれません。

それを含め、自分の事を考えるためにも、いっぱいいっぱいになる前に、休むということはやはり必要だと思うのです。

 

いま、手を伸ばせばすぐに手いれられる距離にあるもの。

でも、それはいつまでもそうだとは限りません。

すぐそこにあるからその大切さに気付かないこともあるかもしれません。

手が届かなくなってからその大切さに気付くかもしれません。

そんな悲しい事が起こる前に、手に入れるのを後回しにしてしまっていることを考える時間が必要ではありませんか。

忙しくて後回しになっていること。

仕事も大切だとは思いますが、同じくらい自分の事を大切にしても良いと思うのです。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

手の届くものだけで十分だと思っていた。

でも、それに手が届かなくなるとは思っていなかった。

 

あの雲の下には、、、

あの雲の下には、、、

 

同じ空の下。

たとえ傍に居なくとも。

 

こんばんは。

 

昔の人は風流だなぁと思うことがあります。

今、昔の人と同じ状況に置かれたとして、自分に同じ表現が出来るだろうか。

僕を含め、現代人はとても便利な世の中を生きていますが、なにかそういった粋な心とか、風流さとか、感性みたいなものが薄まってしまっているのではないかと。。。

 

空を見上げると雲が一つ。

青い青い空の中に。

ぽつんと浮かんでいる。

それを見て何を思うか。

何を感じるでしょうか。

 

白雲弧飛はくうんこひ

 

中国の故事「大唐新語」という書物にそのような表現があるそうです。

中国の唐の時代、狄仁傑てきじんけつという人物が親元を離れ、法曹関係の参謀役として働いている頃、ある山の上から雲が一つ行くのを見て、

 

「自分の親はあの雲の下にいるんだ、、、」

 

と涙したと言います。

その出来事から、この四字熟語は「故郷を離れて親を思うこと」という意味を持つようになったそうです。

 

親元を離れるということ。

多くの方が社会人となり、親の元を離れ、生活をしています。

地元を離れ、都会で働いている方も多い事でしょう。

 

親と一緒に暮らしていたころは楽だった。

食事は出てきたし、洗濯もしてくれていた。

帰れば、お風呂が沸いていたし、ゴミも片付いていた。

でも、家を出て一人で暮らし始めたら全部自分でやらなければいけない。

そして初めて親のありがたさを痛感した。

なんていう話をお聞きすることもあります。

 

こういうとなんだか親が家政婦みたいだからありがたいということかと言われそうですが、そういうこととはちょっと違います。

もちろん、身の回りの事をしてくれていたというありがたさもあるんでしょうが、今までとこれからは違うということ。

これからは自分で全部やらなきゃいけないという現実と、これまで色々甘えていたという実感、そういうものが混ざり合って、ああ、自分もこれからは自分の力で生きていくんだなという事を改めて思い知ったということなのでしょう。

 

都会の空は狭い。

ビルの谷間から見える空。

そこにぽつんと雲が浮かんでいるのを見たら、僕らは何を思うでしょうか。

もしかしたら何も感じないかもしれません。

もしかしたら気付きもしないかもしれません。

自分の向かう先のビルの案内板や、標識ばかり見て、空を見るなんてことはないのかもしれません。

忙しいのですからそれは仕方ないなのかもしれません。

でも、もしかすると空を見上げる余裕くらいは持ち合わせた方が良いのかもしれませんね。

たとえ、青いなぁ以外に何も感じなかったとしても、気分転換に。

 

今週末、久しぶりに親に電話をしてみるかな。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

子どもが出来てから、親への感謝の気持ちが増したように思う。

 

感謝に、上も下もない

感謝に、上も下もない

 

ありがとうと。

ちゃんと心を込めて。

 

こんばんは。

 

自分のことを助けてくれる人。

支えてくれる人。

気遣ってくれる人。

そういう人に心を込めたありがとう。

言葉でちゃんと伝えているか。

当然のようになあなあにしておざなりにしていないか。

自分があっぷあっぷの時こそ、そういった気持ちを大切にしなければならないなと。

そう思います。

 

ありがとう。

漢字で書くと有難う。

「ある」ことが「むずかしい」ということ。

つまり、あまり起こらないということです。

誰かが自分を助けてくれるというのうは、当然ではないということ。

 

何故助けてくれるのか。

 

「人を助けるのに理由がいるかい?」

 

理由はいらないのかもしれません。

ただ、助けたいと思う人と、別に助けなくてもいいかなと思う人がいるのも事実です。

その境界線は紙一重のような気がします。

 

いつも助けてもらっているから助けたい。

優しい人だから助けたい。

仕事だから、まあ助けてやるか。

家族だから助けたい。

 

嫌いだから助けたくない。

面倒だから助けたくない。

時間がないから助けられない。

自分の力では助けられない。

 

助けるのも助けられるのも、助けないのも助けられないもの、事情は様々です。

 

人と関わるのは面倒だ。

自分の事だけちゃんとしてればいいじゃないか。

そういう人もいるでしょう。

でも、いつか自分の事だけしていればよいという状態ではなくなる。

人の社会で生きていく限り、誰かと関わって生きていく限り、自分の事だけしていれば良いということではなくなります。

仕事が出来る人であれば、今までと違うことを任されるかもしれません。

後輩が出来れば、その面倒を見なければならないかもしれません。

自ら新しい事に挑戦したくなるかもしれません。

 

今までと違うことを始めた時、上手くいかないこともあるでしょう。

その時、もしかしたら手を差し伸べてくれる人がいるかもしれません。

それはきっと、これまでの貴方を見て、助けたいと思ったからに違いありません。

 

ありがとう。

 

簡単な言葉。

小さな子どもでも言える言葉。

でも、この言葉が持つ力は、とても大きくて、とても大切なんだと思います。

 

助けてもらった時、それが大きなことでも小さなことでも、

ちゃんとありがとうと伝えたい。

余裕がない時こそ、その感謝の気持ちを忘れずにいたいものです。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

言葉だけじゃなく、ちゃんと気持ちを込めて。

適当なありがとうほど、腹の立つものはないです。

 

人の憎しみと悲しみと狡猾さと愚かさと

f:id:hamuburo:20190211015632j:plain

 

人々は人が思う以上に残酷だ。

どんなことをしても、人はいつか許される日が来ると言う人もいるが、

どうしたって許すことが出来ないこともある。

なぜ許す必要があるのか。

許す理由などどこにもないのに。

 

こんばんは。

 

『告白』

 

松たか子さん主演で映画化もされた作品です。

子供を失い退職することとなった担任の先生、森口裕子の終業式の日のホームルームでの告白。

ただただ先生の語りのみで展開していくストーリー。

台詞もあるのだが、全編にわたって地の文のみで展開していくような錯覚を受ける。

それなのに砂場に滲み込む水のように物語が頭の中に入り込んでくる。

これは、やはり作者の力量によるものなのでしょう。


物語の主軸には先生による復讐が貫かれており、最後の最後までその憎しみは消えることがない。

どこかに救いというものがあるのか言えば、この物語にはない。

淡々と現実的に進み、そして終わる。

そこには誰の笑顔もなく、哀しみだけが残る。



たが、読後感は不思議と悪くない。

救いのない物語を読むと大抵読んだ後は虚無感に襲われるものですが、この作品は一つの出来事が終わったという、ただそこにあった現実を受け止めさせられたという感じだ。

どうしてこんなことになってしまったのかと、どこで間違ってしまったのかと。

もしもの世界が許されるのなら、先生の子供が無事に育つ未来を見てみたいと、そんなことを思いました。

 

後半のちょっと救われた感が出てからの突き落としが凄い。

まるで底なしの穴。

 

興味があれば是非一度どうぞ。

 

『告白』

湊かなえ

2008年8月刊行

双葉文庫

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

穴に落ちた後、声は誰にも届かない、、、

 

人の言葉には意味がある

人の言葉には意味がある

 

大人の言うことを聞け。

決して、言う通りにしろじゃない。

 

こんばんは。

 

ちょっと気を抜いてもいいんじゃないの?

昔、そんなことを言われました。

自分では、それなりに必死にやっているつもりなもので、ちょっと心外な気持ちに。

 

気を抜いてもいいんじゃないってどういうことですか。

気を抜いたら、寝てしまうけど、それでもいいですかね。

 

それは、優しさからの言葉であったのかもしれません。

それは、僕を気遣う為の言葉で合ったのかもしれせん。

ありがたいことです。

今思えば、それは、優しさ以外の何物のでもありません。

 

でも、僕も若かった。

 

僕はまだやれる。

そんな気遣いは無用だ。

そんな生意気な気持ちに溢れていた。

 

若気の至りというほかありません。

若さゆえに他人の気遣いを顧みない。

そういうことだったのかもしれません。

 

しかし、今思えば、僕の危うさみたいなものが見え隠れしていたのかもしれません。

 

こいつ、このまま放っておいてたら潰れそうだな。。。

 

そんな風に見えたのかもしれません。

 

自分のことは自分が一番よく分かっている。

と、思いがちです。

でも、実は一番よく分かっていても、全部分かっているわけではない。

自分の精神的なストレスとか、身体的な不調とか、目に見えないマイナス要素を人は完全には掌握出来ていない。

 

どこでぶつけたか分からない痣。

何故か続かない集中力。

唖然とする思い違い。

 

自分のことですらよく分からないことばかりです。

 

だから、人の言葉はとても重要。

それが正しいか正しくないかも実のところは分からないのでしょうけども、それでも、その人がそう感じていたということに変わりはない。

ということは、何か、そういった原因が自分にあるということです。

 

なんだよ、人の気も知らないで、そんなこと言って、、、

 

そうではありません。

 

あれ、なんか自分ちょっといつもと違うのかな。

 

出来ればそういう風に、人の言葉の意味を考えたい。

余程、性根の腐った人でない限り、嫌がらせのように無意味な言葉を言うことはないでしょう。

なにか、そういった気付くきっかけになる言葉をくれたのだと、そう考えれば、自分の為にもなる。

 

社会に出ている限り、自分は一人ではありません。

敵もいるかもしれませんが、同じだけ味方もいる。

例え疲れていても、味方の言葉をないがしろにはしたくないものです。

むしろ、味方の言葉に苛立ちを感じてしまうのであれば、きっとその時の自分は何か調子が悪くなっているのでしょう。

 

自分の身体はひとつ。

そして、心もひとつ。

壊れたらそう簡単には直りません。

大切にしてきたいものですね。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

人の言葉はアドバイス

 

この歌は素晴らしいと思う。

 

【脳トレ】漢字穴埋め 428問目

 

真ん中に入る漢字はなんでしょう?

 

【脳トレ】漢字穴埋めで頭の体操

 

真ん中に漢字を1つ入れて、二字熟語を4つ作りましょう。

 

果たして、正解は、、、!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【脳トレ】漢字穴埋めで頭の体操

 

学園がくえん:学校。小学校から大学までなど、いくつかの学校から成る組織をいうことが多い。

楽園らくえん:悩みや苦しみのない幸せな生活ができる場所のこと。

園地えんち:公園や庭園などになっている土地のこと。

園芸えんげい:果樹や野菜、植物などを植え育てること。また、その技術のこと。

 

☆次の問題はこちら☆

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 その他生活ブログ 辞典・用語解説へ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /